HOME > みやぎの森林・林業 写真コンクール > 平成27年 第8回受賞作品

平成27年 第8回受賞作品

最優秀(宮城県知事賞)
― 自然に還る ―

小野川不動滝散歩中,父が樹齢の木と一体化,2つの年月がかさなり味わいのあるショットに。(八巻)

優秀(財団理事長賞)
― 陽光に誘われて ―

春の女神とも言われるヒメギフチョウです。当写真は,川崎町の蔵王の麓の林で撮影したものです。みやぎの森林の恵の賜です。いつまでも森林との共生ができれば良いなと思います。(小檜山)

優秀(県森連会長賞)
― 面格子 ―

道の駅「上品の郷」は,日本初の面格子のみの建築物で,随所に気配りが見られ,ライトアップされた夕刻には,竹との調和が美しく,目を奪われた。(西條)

入選 ― 釜神さん ―

遊び心にも木が生きている。(栗林)

入選 ― 佳麗なる姿 ―

木立に止まる白サギの佳麗さにこだわりました。(渡邊)

入選 ― 新緑の季節 ―

大崎市鳴子鬼首地区野焼き風景,残雪があり新緑がすてきでした。 (佐々木 )

入選 ― 霧まといて ―

宮城県大和町升沢でのブナ林の光景です。その日は小雨で濃い霧が立ちこめておりました。手前のカエデを入れることでメリハリを出しました。(佐藤S)

入選 ― 森林作業 ―

大崎市鳴子鬼首地区野焼き風景,残雪があり新緑がすてきでした。 (佐藤A )

← みやぎの森林・林業 写真コンクール INDEXに戻る

ページの先頭へ戻る