HOME > みやぎの森林・林業 写真コンクール > 令和元年 第12回受賞作品

令和元年 第12回受賞作品

最優秀(宮城県知事賞)
― 見守る ―

何人の子供達を見守ってきたのだろうか。金成小のシンボル。(山本)

優秀(財団理事長賞)
― 絶景 ―

御座船が島々を巡る塩竃港祭りの日、曇り空から晴れ間が見え、海の青さと白い船、島々の緑の美しい情景が広がりました。松くい虫の被害が減少することを願うばかりです。(西條)

優秀(県森連会長賞)
― いたわり ―

厳しい作業条件を終え、人馬共々慰め労り合う気持ちの大切さを感じました。(宍戸)

入選 ― 現役 ―

木立に囲まれた涌谷の相野沼。木造船が現役で活躍しています。(藤島)

入選 ― 森の秘密基地 ―

徳仙丈山の麓にあるツリーハウスを見つけた子どもたち。童話の世界にでも迷い込んだようなその風景に子どもたちの興奮度も最高潮。(庄子T)

入選 ― 見守る老木 ―

春を待つ舟形山です。頭に王冠の様に雪をいただいた老木が、まだ弱々しい若木をはげましている長老の様にりんと立っていました。(荘司)

入選 ― 上々の試運転 ―

放置林にして、困っている竹もミルミルうちに、粉状になるのは、森をふるさとを守らなければと立ち上がった人々を笑顔にさせた瞬間でした。(石原)

入選 ― 楽天イーグルス必勝祈願 ―

再度日本一を願っての大絵馬に託す。(庄子G)

← みやぎの森林・林業 写真コンクール INDEXに戻る

 

ページの先頭へ戻る